インプラントは歯科で治療を受けれる〜ピカピカ綺麗な歯〜

歯磨き

虫歯の状態

案内

歯に痛みが起こると、食事の際に弊害が起こり、痛みがひどいと不眠になるおそれもあります。また、治療をせずに放置しておくと、最悪の場合抜歯を行わないといけなくなります。さらに、他の健康な歯にまで悪影響を及ぼしてしまう危険性もあります。虫歯の原因となるのは歯垢(プラーク)です。歯みがきを行うことで、歯垢をある程度除去することは可能です。糖分が含まれている飲食物と歯垢が出会うことで、細菌が酸を生み出します。虫歯にならないためには適切な予防を行う必要があります。進行虫歯は、進行状況によってC0~C4にまで分類されています。早期発見と早期治療が、結果として治療時間の短縮と歯医者の治療費の軽減につながります。C0の症状は自覚症状はほとんどなく、まだ虫歯とは言い切れない状態。C1の症状は自覚症状はほとんどない。エナメル質の表面まで症状が進行している状態。1回の治療で治ることもある。C2の症状は痛み、しみるという感覚を覚える。象牙質まで症状が進行している状態。歯医者での治療が必要。C3の症状は常に痛みを感じる。歯髄にまで症状が進行している。治療には麻酔を用いる。C4は歯間部が崩壊。ここまで歯医者で治療をせずに放置すると、抜歯を行う可能性が高い。このように、C0からC4に近づくほどに症状が深刻化しています。抜歯を行わなくていいように、早めの治療が必要です。口腔疾患虫歯と歯周病は、二大口腔疾患と言われています。う蝕を放置していても、自然に治ることはありません。歯医者で適切な治療を受けない限り、う蝕の症状は進行していきます。症状は、歯の表面から歯の神経にまで進んでいきます。歯の神経にまで症状が進んでしまうと、治療も麻酔を使うなどかなり大がかりなものとなります。症状の進行具合を分類するとしたら、C1が初期、C2が中期、C3が後期となります。C3まで症状が進行してしまうと、数回に分けて歯医者で治療を行う必要があります。そして、C4まで症状が進むと、根幹治療で治る場合と治らない場合があります。治療で治せない場合は抜歯となります。ただし、C0などのごく初期の頃であれば、歯みがきによって進行を防げる可能性があります。失った歯を取り戻すことはできませんが、歯を失わないように予防することは可能です。